いざの時に備えておくこと

阪神淡路大震災から20年。
もうそんなにたったのかという気がします。

こういった災害のニュースなどを見るたび思うこと。
いざの時のために準備しておかなくちゃということです。
幸い私は、こういった災害には遭遇したことがありません。

もちろん何より命が大切なのは、いうまでもないです。
そのためにまずは、どうやって自分たちの身を守るかを考えるのが第一でしょう。

そして、もしも家族が離れ離れになったときに集まる場所。
逃げる時に最低限持ち出すものの場所を家族で共有。
など、挙げたらたくさんありそうです。

色々と便利な時代になり、何かとデジタルに便りがちです。
でもいざの時を想定して、便利なものなしでも生きていく術も身に着けておかなくては。
そんなことを思いました。